各種ダウンロード

事前参加登録のご案内 冊子・リーフレット

以下のボタンより、事前参加登録のご案内の冊子とリーフレットがダウンロードいただけます。
参加者の皆様にご周知いただきますようお願いいたします。

冊子

リーフレット

PRスライド

以下のボタンより、本総会のPRスライドがダウンロードいただけます。
ご発表スライドの最後に入れていただき、本総会のPRにご協力をお願いいたします。

PRスライド

2018年6月25日改訂

ダウンロード

PRビデオ

以下のボタンより、PRビデオがダウンロードいただけます。
本総会のPRにご協力をお願いいたします。
なお、この動画を無断でダウンロードすることは、著作権法により禁止されております。
この動画の再利用、編集については、第30回日本医学会総会 2019 中部 学術準備室にご連絡ください。

バナー

以下のボタンより、第2弾のバナーがダウンロードいただけます。
分科会または先生方が開催される学術集会におきまして、リンクをしていただき、
事前参加登録のPRにご協力をお願いいたします。

バナー

ダウンロード

シンボルマーク・ロゴタイプ

表彰式の様子

2016年12月26日(月)名古屋大学にて
髙橋 雅英準備委員長より
最優秀賞・優秀賞の学生に表彰状が渡されました。

シンボルマーク・ロゴタイプ

データのダウンロード

シンボルマーク

医学会総会は、未来の医学・医療のために、医療関係者と一般市民が情報共有したり、多職種にわたる医療従事者が専門領域を超えて知識を共有したり、多様な人々が知識を共有し議論できる貴重な場です。

シンボルマークは、4色の力ラーリングによって、本総会の基本構想4つの柱を示すとともに、各々の柱において「人」が手をつなぎ、全体として輸となって、医学・医療における大切な要素である「人と人のつながり」をあらわしています。さらに、「人」という文字が外側に向けて開いているのは、これからの医療の世界に向けた、未来に向けた発展を意味しています。

日本医学会総会奨励賞 候補者推薦書

日本医学会総会奨励賞本総会より新設

1.  目的

医学上、優れた業績を上げた若手研究者を表彰し、今後の医学会を活性化するため。

2.  要項

日本医学会加盟の分科会もしくは日本医師会から各々1~2名の候補者をご推薦いただき、生理系、病理系、社会医学系、内科系、外科系の5領域に分類し(分類は自己申告による)、審査員による事前書類選考の上、各領域から3名程度の奨励賞受賞者を選出する。奨励賞受賞者には、本総会期間中に実施する受賞講演にて研究内容をご発表いただき、審査の上、各領域から1名の「最優秀奨励賞」を決定する。
最優秀奨励賞受賞者の発表および授賞式は、2019年4月29日(月・祝)の閉会式にて行う予定。

3.  応募条件
  • 日本医学会分科会もしくは日本医師会に所属している者(医師に限定しない)
  • 2019年4月1日時点において40歳以下とする
  • 2015年以降の発表論文(主に国内で行われた研究)を対象とする
  • 本総会要旨集に受賞内容に関連した抄録の掲載が可能な者
  • 受賞講演での発表が可能で、かつ閉会式に出席が可能な者
4.  受付期間

2018年3月1日(木)~2018年7月31日(火)(必着) 受付を終了しました。
(審査結果の通知は2018年9月末日を予定)

5.  副賞

表彰状、記念品、賞金
最優秀奨励賞 30万円 奨励賞 10万円

主催

日本医学会

主務機関

名古屋大学医学部、名古屋市立大学医学部、藤田保健衛生大学医学部、愛知医科大学、岐阜大学医学部、三重大学医学部、浜松医科大学、金沢大学医学部、金沢医科大学、
福井大学医学部、富山大学医学部、信州大学医学部、愛知県医師会、岐阜県医師会、三重県医師会、静岡県医師会、石川県医師会、福井県医師会、富山県医師会、長野県医師会