シンボルマーク

シンボルマーク

医学会総会は、未来の医学・医療のために、医療関係者と一般市民が情報共有したり、多職種にわたる医療従事者が専門領域を超えて知識を共有したり、多様な人々が知識を共有し議論できる貴重な場です。

シンボルマークは、4色の力ラーリングによって、本総会の基本構想4つの柱を示すとともに、各々の柱において「人」が手をつなぎ、全体として輸となって、医学・医療における大切な要素である「人と人のつながり」をあらわしています。さらに、「人」という文字が外側に向けて開いているのは、これからの医療の世界に向けた、未来に向けた発展を意味しています。

ダウンロードはこちらから

主催

日本医学会

主務機関

名古屋大学医学部、名古屋市立大学医学部、藤田保健衛生大学医学部、愛知医科大学、岐阜大学医学部、三重大学医学部、浜松医科大学、金沢大学医学部、金沢医科大学、
福井大学医学部、富山大学医学部、信州大学医学部、愛知県医師会、岐阜県医師会、三重県医師会、静岡県医師会、石川県医師会、福井県医師会、富山県医師会、長野県医師会