オキシヘルパー口コミパルスオキシメーターのように健康管理ができる機器

便利商品
スポンサーリンク

パルスオキシメータは動脈血酸素飽和度(SpO2)と脈拍数を採血することなく、

指先などに光をあてることによって測定する装置のことで最近では1家に1台あると安心できますね。いろいろな商品があるので選ぶのに悩んでしまっている方が多いのではないでしょうか?

そこでオススメの商品をご紹介します。

スポンサーリンク

オキシヘルパーとはパスオキシメーターのように健康管理ができる機器

パルスオキシメータは、1974 年に青柳卓雄博士により発明された方法で、指先に光センサーを付けて組織を透過する光を分析して、ヘモグロビンが酸素と結合している割合 (酸素飽和度) を求め、血液中のヘモグロビン内にどれだけ酸素を含んでいるかを測定します。

日本製 医療機器認証 医療用 のものではないのですが、
パルスオキシメーターのように健康管理目的で血液中の酸素飽和度の管理もできる機器がこちらになります。↓

 

オキシヘルパーがオススメの理由

精度を見極める1つの目安は、JISやISOなどの規格に準拠しているかどうか

PI値とは、測定状態が良好かを判断する数値のことPI値は1.0以上あるのが望ましい値とされているので、PI値が表示されるものを使用する場合はそちらもチェック

まず、日本語の説明書がついている点が一番安心できるのではないでしょうか?

選べるTypeが2つあります。共通しているのは

  • 血中酸素濃度
  • 脈拍数
  • 灌流指数:PI値(決液循環状況を観察するのに役立つ指標)PI値は指先の血流が減ると小さくなる値なので、手先が冷たいときなどはPI値が低くなり酸素飽和度は正確に測定することができないので計測するときは気を付けた方がいいでしょう。

違いは

Type1は呼吸頻度・・・1分間ごとの呼吸回数を測定できるので健康状況が測定できる

Type2はODI値測定機能・・・酸素飽和度低下指数が測定できる

  • 酸素飽和度低下指数が15~29回で中等度の睡眠障害が疑わしい
  • 酸素飽和度低下指数が30回以上で重度の睡眠障害の疑いがある

オキシヘルパーがオススメの評判

楽天市場では2021年8月24日現在身体測定器・医療計測器デイリーランキングで1位

日々のニュースを見て。ワクチン接種が遅く、家族も来月の予約をようやく取れた状況の中なので、万が一の為に購入。購入者が殺到したようで発送遅延のメールが届きましたが無事に届きました。

電池も入れやすく、使い勝手の良く、画面は字が大きく見やすいのがいいです。

大きさと重さは妥当だと思います。液晶はみやすいですが設定値の画面の文字は小さくみづらいので設定するのが大変でした。しかしこのお値段でアラ-ム機能がついてるのはコスパは高いと思います。

オキシヘルパー口コミパルスオキシメーターのように健康管理ができる機器のまとめ

オキシヘルパーはパルスオキシメーターのように健康管理目的で血液中の酸素飽和度の管理もできる機器。灌流指数:PI値が測定できる機能つきがあるものが良い。(PI値とは、測定状態が良好かを判断する数値のこと)

機能性が良い物は他にもありますが、値段が高かったりするので、初めて購入するには手頃で必要な機能がついている物を選ぶ方ことが大切だと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
便利商品
スポンサーリンク
ミラクルをフォローする
ミラクルショップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました